登別・胆振特産を味わう。海の幸を味わう。冷鮮工房 うす田

美味しい珍味ができるまでの道のり

 

ていねいに創り上げます

うす田では、製品一つひとつにまごころ込め、お客様のもとへ届くことを想いながら創り上げています。

こちらでは、その製品が仕上がるまでをご説明いたします。

 

はじめに

 

魚を新鮮なうちに手早く開きます。

どれだけ風味を逃さずに準備を行えるか、そこに当社のこだわりの一つがあります。

 【新鮮なまま開く】

下準備

 

血や内臓を洗い流します。

風味を残しつつ、不要なものをサッと流す技術は当社スタッフの経験からできるひとつの「技術」なのです。

 【不要物を落とす】

水洗い

 

素材を傷めないよう細心の注意をはらいながら、真水でさっと洗います。

磯の香りが漂う香ばしさを決して無くしません。

 【風味を残し水洗い】

漬け込み

 

魚の種類・状態にあわせて塩水に漬け込みます。

一つひとつに気を配り、それぞれの特徴を活かしながら漬け込むことで、美味しいものが出来上がるのです。

 【大切な味付け】

乾燥

 

網の上に並べて乾燥させます。

この乾燥のプロセスで、珍味の旨さがギュッと圧縮され、美味な珍味の出来上がりです!

 【乾燥し出来上がり!】